続・こいたんにっき☆     

猫とかお芝居とか、日々のしょーもないことマイペースにっき    

ゆめちゃん。



リンクさせて頂いてるブログ「猫さんと絵と私と」で、猫の病気と命に関して大変難しい問題についての話があったので、実家で飼ってたゆめちゃんの話を久しぶりにしようかな。

本名ゆめのすけ。
この当時18歳。
おじいちゃん猫。

もうほぼほぼ寝てる時が多くなっていたけど、私が実家に帰省すると、
「んー、なんだ、帰ってきたのかー。ヨッコイショ」
みたいな感じで、いつも向かえてくれました。

2011年の12月31日に、虹の橋を渡って行きました。

高齢な事もあるだろうけど、おそらく癌だったのでは、と親の話。

元々は私が友人から、保健所に連れて行かれそうだった所を引き取った形になった猫。

とっても頭の良い賢い猫でした。

何度か危ない時もあったけど、ゆめちゃんの為に猫用アンカを買ったり美味しい餌を用意したり、その度に持ち直してました。

あの震災のあった年、夏休みに帰省すると、おもむろに私の膝に乗ってきて、何やらウニャウニャとブツブツ言っておりました。

元々口数の多い猫だったけど、その時、何とな~く最後の挨拶?的な感じがしました。

そして年末に帰省するとき、親から「もういよいよ危ない」と連絡があって、12月31日に私が実家に到着すると、ゼイゼイと苦しそうに寝ていました。

でも、私が帰って来たのがわかると、ゼイゼイしながらもいつものように「ヨッコイショ」と向かえてくれようとします。

「ただいま。帰って来たよ。
ありがとう、もう良いんだよ。ありがとうね。」

そう言うと、ゴロゴロのどを鳴らしながら、私の目をじっと見ながら、一つ大きく深呼吸するようにぐーっと伸びをして…。

そのまま、虹の橋を駆け上がって行きました。

本当に、私が帰ってから5分くらいの出来事でした。


今でもこれを書きながら涙が止まりません。

でも、悲しい、という気持ちよりも、ありがとう、の気持ちでいっぱいです。

あんなに見事な最後の子は初めてでした。

猫はきっと、私たちが思ってるよりずっと、強くて優しい。

だから彼らの命を、人間がどうこう出来るなんて、思い上がりも甚だしい、と私は思うんです。

生き物を飼う、というけど、彼らが人間と生きていく事を選択してくれているように思います。


今いるにゃんずに、感謝です。

うちの子になってくれてありがとうね!




スポンサーサイト
未分類 | コメント:5 | トラックバック:0 |

スイッチ。


今日は9月にやる月読み公演の打ち合わせでした。

そう!

改めてまた告知しますが、去年の2月以来、実に一年半ぶりの公演です。

一時はもう辞めようかとも思ってたけど、やっぱりお芝居とかやってないと、ダメなんだなあ。

好きな事を好きって言える事、そしてこうしてそれを出来るって、幸せな事なんだなあと改めて思ったのでした。

たーのしい!♪
o(^o^)o


それにしても、今日は暑かった!

せっかく神楽坂まで行ったんだから、どっか寄ってこうかと思ったけど、そんな気も失せる程の暑さ。

夏場の公演が少ない理由がよくわかる…。


今日はあちこちでお祭りだったみたいで、浴衣の人を結構見かけた。

良いねえ。

しかし、夜にはスッゴイ雷雨!

ありゃ~。

確か去年もお祭りの日に雷雨になったような…。

竜神様のお怒りか?


まあこれで梅雨も明けるのかな?


スイッチ切り替わったぞう。




お芝居とか | コメント:5 | トラックバック:0 |

ぐぬう~。


くろちゃん、病院に行って来ました。

左足の小指?の爪が剥がれて、半端に肉牙が出ている状態なのでそれを切ってもらって、抗生物質を出してもらいました。

先生曰く、
「こんなのよくある事だから、すぐ元通りになります。」

良かった。
一安心。

ついでに他の爪も切ってもらって、歯石も取ってもらいました。

ソマ坊と違って怒らないって先生もわかってるから、遠慮無くパチパチ切るわ取るわ。

で、帰って来てこの顔です。

限りなく般若っぽいけど、怒ってはいないんだよ。
多分。

サッパリして良かったね~。



だけどね、実はもっと重要な事があって、それも相談しました。

実は…。

なんて引っ張り方をすると、最近巷を騒がせてるM居さんのようになってしまいますが、そっちの方がもっともっと重要。

2、3年前くらいから、くろちゃんは時々痙攣発作を起こすようになったんです。

最近やっと直接的なきっかけがわかってきて、どうやらマウスのカチカチ音や、ガスコンロの火が点く時のカチカチ音、薬の錠剤を出す時のパキパキ音など、甲高い音が連続して鳴ると、発作が起こりやすいみたいです。

いわゆる猫のてんかん。

先生に聞いたら、高齢になってくるほど起こりやすいんだって。

これも又よくある病気らしいです。

これからもっと頻繁に起きるようになってくる可能性が高いから、念のために座薬を処方してもらいました。

一度発作が治まってから、すぐ又発作が起きる場合や、なかなか元に戻らない時のためだそうです。

猫のてんかんは今結構研究が進んでるみたいで、一つ大事な事を教えてもらいました。

タウリンが不足すると発作が起こりやすいという事がわかってきたとか。

市販の高齢猫フードにも入ってるけど、積極的に食べさせた方が良いらしいです。

タウリンって言うと、タコか?

そういえば、昔ウチの母が、
「イカは猫に毒だけど、タコは猫には薬になるから。」
って言ってたっけ。

特に科学的根拠も無い、民間療法的な発言なんだろうけど、今になってみるとかなり的確なアドバイス。
って事が他にも結構あるんだよな。

何者なんだ?ウチの母。

それはともかく、猫のてんかん専用の薬も去年あたりから出始めてるらしいので、とにかく対処のしようがある事がわかっただけでも良かった。

あとはぐっすり眠って、早く良くなれ~。





猫とか | コメント:3 | トラックバック:0 |

新刊!


ふらりと本屋に立ち寄ったら、なんと!

川原泉の新刊が出てるではないですか!

思い起こせば、中学か高校か…、40代の私がもういつからなのか記憶が定かじゃないくらい昔から大好きな漫画家さん。

「~があるシリーズ」、新刊出る出ると期待し続けて、気が付けば6年!?

そ、そんなに経っていたのか…。

前回の新刊が出たの、私の中ではわりと最近の方に思ってたけど…。
やっぱり年を取ると月日の経つのが…(小声)


気を取り直して、早速読んでみる。

わーい。(^○^)
リトルグレイだあ。
ここから「ブレーメン」に繋がるのね。

ふむふむ。
弓道カッコイイなあ。


…けど。


あれ?ここで終わり?

二話目の話が唐突に「to be continued」で終わってる。

その後の書き下ろし漫画で、右手を骨折したらしい話が載ってるけど、それもなんか途中でぶち切れるように終わってる。

なんかスッキリしないなあ。

川原ファンは基本的に気が長いんだから(私の勝手な予想だけど)、6年も待ってたんだし、あと1、2年待っても別に怒らないのになあ。

それより話をちゃんと完結させて、まとめて単行本化して欲しかったなあ。

今、このタイミングでこの状態で新刊出さなきゃいけない何か事情でもあるんだろうか?





未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

くろちゃんのお足。


ここ最近、くろちゃんが何か臭い。

でもどこが臭いのかわからない。

口?耳?お尻?
くんくん…。
違うなあ。
でもどっかが臭い。

でも元気だし食欲もあるし、どこ触っても怒らないし…。

???そして、床に一滴だけ小さな血痕が!!

鼻血?
違うなあ…。


しかし、唐突にわかりました。

右後足の爪が一ヶ所、剥がれて膿んでいました。

どうやら猫タワーのてっぺんに登ろうとして、足を滑らせて爪が剥がれたみたいです。

その辺りに血がついてたのを旦那が発見。

足、怪我してたんだね。

全然痛がらないから気づかなかったよ。

もうピークは過ぎたみたいだけど、念のため明日病院に行ってきます。

くろちゃんもソマ坊よりは若いとはいえ、老猫。
もっと気をつけてやらなきゃなあ…。

反省…。





猫とか | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>